2017.04.19

ネタバレ満載『FF XV』プレイ記録であります。
 
FFXV-0102.jpg
絶体絶命大ピンチの場面でアーデンさんに助けられた王子御一行ですが、
どうも巨神のところでなんやかんやしてる間にレガリアをニフルハイム軍に
没収されてしまっていたようです。

FFXV-0103.jpg
車を取り戻すまでは徒歩かチョコボで移動だなーと話していたところ、
アンブラが登場。

FFXV-0104.jpg
FFXV-0105.jpg
導かれるようについていくと、ルナフレーナとよく一緒にいる謎の女性・ゲンティアナが
待ち構えておりました。
このゲームの世界には六神と呼ばれる神々が存在しておりまして、
ゲンティアナさんはその六神の使いである二十四使ってやつらしいです。
普段は、神凪という巫女的な役職についているルナフレーナの手助けをしているようです。
そのゲンティアナが言うには、ルナフレーナが先に話をつけに行ってるから、
六神のところに行って力を貰ってきなさい、とかなんとか。
まずは雷神のところに行ってからオルティシエまで来なさい、とかなんとか。

FFXV-0106.jpg
普通の港から行くのは危険だけど、昔レギス国王が使ってた隠れ港からなら
オルティシエまで行けるかもしれない、ってことで、
イリスちゃんに準備をしておいてもらうよう連絡し、雷神の石碑に向かうことに。
あっ。アンブラがきてたのでルナフレーナとの交換日記のお返事も書いておきました。

FFXV-0107.jpg
FFXV-0108.jpg
FFXV-0109.jpg
FFXV-0110.jpg
何度かニフルハイム軍に邪魔されそうになったり、洞窟内でわけわからんこと言ってくる
モンスターと戦ったりしつつも、無事に石碑を発見。
六神の力を手に入れると召喚で呼び出せるようになるみたいですね。
ただし呼び出せるのは主人公のみで、
イベントで呼び出す時以外は条件に合わせてどれかが来る、みたいな感じですが。
ちょっと前にえらい目にあわされた巨神も六神の1人なので、条件さえそろってれば
来てくれるっぽいです。中の人はまだ呼び出せたことないんですが。

FFXV-0111.jpg
雷神の力を手に入れたところで、ハンマーヘッドのシドニーからお電話が。
あ、シドニーってあの子です。帽子被った金髪ねーちゃん。シドの孫。

FFXV-0112.jpg
ニフルハイム軍に没収されたレガリアがアラケオル基地というところにあるらしいとの
情報を入手したので、さっそくカチコミに行きます。

FFXV-0113.jpg
FFXV-0114.jpg
FFXV-0115.jpg
一応潜入ミッションなので、それなりにコソコソしつつ、エア・アサシン的なものも
きめたりしつつ、なんとかレガリア発見。
最後にニフルハイム軍の魔導兵達との乱闘騒ぎになりましたが、
無事勝利をおさめました。

FFXV-0116.jpg
FFXV-0117.jpg
やーれやれ。全部終わった頃にはもう朝ですよ。
さっさとレガリアに乗っておさらばしましょー。
ってところで、ニフルハイム軍将軍・レイヴスが登場。
このレイヴスという人物、なんとルナフレーナの実の兄。
ゲーム中ではあまり語られていませんが、
昔、故郷・テネブラエがニフルハイムに襲撃された時、
自分と母を見捨てたレギス国王に恨みを抱いているらしいです。
そのせいか、息子である主人公にもきつく当たってきます。

FFXV-0118.jpg
間に入ったグラディオが軽々とぶっ飛ばされて、主人公もおこです。
一触即発の空気が漂います。

FFXV-0119.jpg
FFXV-0120.jpg
FFXV-0121.jpg
その空気を払拭するかのように現れるアーデンさん。
あっ! 帽子かぶってる・・・カッコイイ・・・!!(もはやなんでもカッコよく見える病気)
ニフルハイム軍を撤退させてオルティシエに向かうと言うアーデンさん。
ここは王子御一行を見逃してくれるようです。
マジでアーデンさん何なのかしら。
立場的には敵なんだけど、なんやかんやで助けてくれるし、主人公が知らないことも
知ってる風だし。

FFXV-0122.jpg
まーグダグダ考えてもしょうがないですね。
無事レガリアを取り戻せましたし、主人公たちもオルティシエに向かいましょうか。
ってところで、どうもイリスちゃん達のほうで問題が発生した模様。
レスタルムまで向かいます。

FFXV-0123.jpg
レスタルムのホテルでイリスちゃんに詳しく話を聞いたところ、
なんと、ニフルハイム軍の襲撃を受け、
一緒にいた老人が王子の居場所を明かさなかったために殺害されてしまったそうです。

FFXV-0124.jpg
涙を零す老人の孫・タルコットを見て、再び打倒ニフルハイムという決意を固める
主人公なのでした。



今日はここまで。
 
Secret