2016.12.05
11月のwindows updateで、
Windows 10 Anniversary Update+NVIDIA最新グラボドライバの環境でも
正常にオブリが描画されるようになった、という噂を聞きまして、
人柱上等! とばかりにグラボドライバのバージョンを376.09に上げてみました。


直ってるー! 良かった・・・本当に良かった・・・。
これで無理して古いバージョンのグラボドライバを使う必要がなくなりました。
ついでに、バニラ状態でもなぜか起動できなかったスカイリムスペシャルエディションも
普通に起動できるようになっていました。
原因はグラボドライバだったか・・・。
でもスカイリムスペシャルエディションは今のところプレイする予定はありません。
今の無印スカイリムの環境をまるごと移せるんだったら考えないでもないんですが。



そういえば。
うちのオブリビオンはENBだのORだのを入れたらゲームが起動できなくなるので、
それらの使用を諦めていたのですが、
少し前に『MasterEffect』『ReShade』なるものの存在を知って、
撮影時専用にと思って導入してみたのですよ。
オブリ勢やリム勢にはあまり馴染みがなさそうなツールなので、
ちらっとだけ紹介してみようかと思います。
詳しいことはわかってないので、なんとな~くですが。
 
 
まず、中の人が『MasterEffect』『ReShade』の存在を知ったのは、
オブリ用ENBセッティングなどを配布なさっているanohosikara様がTwitterで配布している
UFO News Oblivion ME v1.2』がきっかけでした。
『MasterEffect』『ReShade』は簡易ENB的なもので、
UIを含めた画面全体にエフェクトをかけるツールだそうです。
別のゲームではENBのかわりにこれらが主流になっているものもあるようですね。

Oblivion_ss2_4663.jpg
Oblivion_ss2_4664.jpg
Oblivion_ss2_4665.jpg
Oblivion_ss2_4670.jpg
『UFO News Oblivion ME v1.2』を適応したうちのオブリはこんな感じ。
うちのオブリはHDRは使わずBloomを使用。セルフシャドウ有効。
ScreenEffects』も入ってるので、anohosikara様の想定している絵とはちょっと違います。
DoFは使えませんが、それでも結構な変化があります。
『MasterEffect.h』『ReShade.fx』『mclut3d.png』を弄れば、自分好みに調整できる・・・
この辺はENBと同じですね。
ENBを弄れる人ならどこをどうすればいいかだいたいわかるのではないでしょうか。
中の人はその辺サッパリだし、
TES界ではあまり馴染みのないツールでセッティングも配布されてないので、
他ゲーム用のセッティングを借りてきていろいろ試してみました。

Oblivion_ss2_4666.jpg
Oblivion_ss2_4667.jpg
Oblivion_ss2_4668.jpg
Oblivion_ss2_4669.jpg
Dark Souls 2 Mood Reshade-MasterEffect』のMasterEffect.hを上書きしてみました。
すっきりさわやか系から重厚なシネマティックファンタジー系に変わりました。
ただし、ものすごくインベントリが見辛くなりました。
完全に撮影時専用ですね、これは。

Oblivion_ss2_4657.jpg
Oblivion_ss2_4658.jpg
Oblivion_ss2_4659.jpg
Oblivion_ss2_4660.jpg
Oblivion_ss2_4661.jpg
Oblivion_ss2_4662.jpg
Bright, Sharp & Vibrant』のMasterEffect.hを上書きしてみました。
今度はバニラの雰囲気を残したままでくっきりカラフルな世界になりました。
いいねこれ。気に入った。

他ゲーム用のセッティングを使用すると、有効にならないことがあったり、
「必要なファイルが見つからねーぞ!」と怒られたり、
とんでもなくひどい画面になったりすることもありましたが、
ENBだのORだのが使えない・OBGEは導入がめんどくさいという方は
『MasterEffect』『ReShade』を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
『UFO News Oblivion ME v1.2』は入門編としてもおススメですよ。
 
Secret