2014.06.26
ねこさんでのんびりスカイリム。



我慢できなくなってDLC購入しちゃってからそんなに経たない内にSteamサマーセールがきて、
自分のタイミングの悪さにがっかりしていますこんにちはこんばんは。

Face to face conversation
Player Headtracking
Always Pick Up Books
などの細々としたModを入れてみました。
それ以外は今まで通りです。




えーっと…、前回は、
大学のウラッグさんのために、持ち逃げされた本を取り返すことにしたんでしたな。
ささっと目的地のフェルグロウ砦へと向かいます。
 
 
Skyrim_ss_0133.jpg
ぎえぇ近くにドラゴン居るじゃないのよおぉぉ。
リディアさんと2人だけでは心許ないので、ここは無視してコソコソ進みます。

Skyrim_ss_0134.jpg
目的地に到着して早々に魔術師達と戦闘。
死体操る魔法、結構便利だな。

Skyrim_ss_0135.jpg
特に意味のないSS。

Skyrim_ss_0136.jpg
よっしゃ! さっそくカチコミじゃー!!



Skyrim_ss_0137.jpg
ううぅ…濡れるのいやだにゃあ…。
コソコソ行きたいのに、リディアさんが自重してくれないにゃあ…。

Skyrim_ss_0138.jpg
しかも罠にはまって痛い思いしたにゃあ…。

Skyrim_ss_0139.jpg
ダンジョン内をコソコソ進んでいくと、捕らえたれた吸血鬼達と遭遇。

Skyrim_ss_0140.jpg
ねこさんには興味が無いようで、魔術師達と喧嘩をおっぱじめました。
敵が減るのは助かるにゃー。

Skyrim_ss_0141.jpg
静かになって、吸血鬼達が退散したあとで悠々と進みます。
喧嘩しないですんだにゃー。戦利品だけいただいていくにゃー。

Skyrim_ss_0142.jpg
ふと部屋を見回すと、なかなかの惨状が繰り広げられていました。
どうも、ここにいる魔術師達は、吸血鬼達を実験道具か何かのように扱っていたようです。

Skyrim_ss_0143.jpg
さらに進んでいくと、閉じ込められているオーソーンさん発見。
本を持ち逃げした奴ですな。
とりあえず、牢を開けてあげましょう。

Skyrim_ss_0144.jpg
本の在り処を問い詰めると、召喚者なる人物が持っているとのこと。
手を貸そうか? と聞いてきたので、是非! と答えようとしたら、
選択肢を間違えてそのままお帰りいただくことになってしまいました。
…いいもん。ねこさんにはリディアさんがいるもん。

Skyrim_ss_0145.jpg
適当に本を拾い上げたら、なんかクエストが始まりました。
物資が心許ないし、これはあとでやりましょう。

Skyrim_ss_0146.jpg
遠くから弓で闇討ちして即隠れ、ほとぼりが冷めたらまた闇討ち、という、
スタイリッシュさのかけらもない戦闘スタイル。
だってねこさん、紙装甲だもん。

Skyrim_ss_0147.jpg
おや、こんなところにタロス像が。ついでにお祈りしていきましょう。

Skyrim_ss_0148.jpg
あわてないあわてない。ひとやすみひとやすみ。

Skyrim_ss_0149.jpg
Skyrim_ss_0150.jpg
どんどん進んでいくと、さらに2つほどクエストが追加されました。
だから今はやらないって。あとでやるから。覚えてたらやるから。

Skyrim_ss_0151.jpg
わー。なんかリディアさんとタイマン勝負してるみたーい。
実際にやったら、即効で片付けられる自信があります。
それにしても、あとで読もうと思って拾い集めた本が、インベントリを圧迫してきたな…。
そろそろ帰りたいなー。

Skyrim_ss_0152.jpg
使い魔を召喚する魔法を覚えた!
目が怖いなオイ!
召喚魔法を鍛えるのもいいかもしれないな。
オブリの時は見向きもしなかったし、リムでは新しい事にチャレンジしていきたい。

Skyrim_ss_0153.jpg
なんだかんだで、最深部と思われる場所につきました。
いやー、途中で魔法の練習してた奴らに何回かコロコロされちゃった時は、
心が折れそうだったにゃー。

Skyrim_ss_0154.jpg
召喚者とご対面。
砦を荒らされて激おこぷんぷん丸のご様子です。
ねこさんは本を返してほしいだけなんだにゃー。
説得を試みましたが、

Skyrim_ss_0155.jpg
結局こうなる。
また何回かコロコロされちゃったよ…。
ねこさん打たれ弱すぎるよ…。

Skyrim_ss_0156.jpg
防御面もなんとかしないといけないなー、と思いつつ、
目的の本を回収。

Skyrim_ss_0157.jpg
こんなところとはおさらばだ!
二度とくるもんか! バーカバーカ!!



Skyrim_ss_0158.jpg
大学に戻ってみると、サールザルの遺跡最深部で発見したアレが鎮座しておりました。
どうやって運んだんだろうにゃー。

Skyrim_ss_0159.jpg
無事に(?)本を返す事ができました。
ウラッグさんの機嫌もよくなったようで。
やれやれ。これで一安心。

Skyrim_ss_0160.jpg
…あっ。あとで読もうと思って、そのまま忘れてた…。
 
Secret