2011.07.11
 PC版OBLIVIONで、Modクエストとか。


どわーなんじゃこりゃー。
レヤウィン・ブラックウッド付近で、おかしなものをよく見かけるようになってしまいました。
今のところ、ゲームの進行には影響ないっぽいので、ほったらかしです。


 気がついたら、ニルンルートが結構な数集まっていたので、シンデリオンのクエストを終わらせちゃおうと思い立ち、あまり探索していなかったブラックウッド付近をウロウロ。

Oblivion_ss_424.jpg
おや、

Oblivion_ss_425.jpg
小さな村を発見。

 ということで、Bahumot氏作のクエストMod、『Sins of the Dream』を攻略してみます。

 
Oblivion_ss_426.jpg
Oblivion_ss_427.jpg
第一村人に話しかけてみたところ、いきなり意味深な事を言われました。
このsees-past-youさんは、予知能力があるらしいのですが、そのせいで、一般人には理解しにくい事を話すようです。
ダゲイルさんみたいなもんか。

Oblivion_ss_428.jpg
こちらは村のまとめ役・Black-Tail氏。
よそ者のチャーリーには、あまり歓迎的な態度じゃありません。

Oblivion_ss_429.jpg
この村では数少ない、アルゴニアンではない住人、Llunaal Oswinさん。
まぁ、早い話が、アルゴニアン萌え~な人。

Oblivion_ss_430.jpg
どうもこの村、昔レヤウィンとひと悶着あったようですね。

Oblivion_ss_431.jpg
ちょっと気が弱そうなMrie-Thilさんと、

Oblivion_ss_432.jpg
その娘のFair-Dreamerちゃん。
この子も予知能力があるみたいで、

Oblivion_ss_433.jpg
すわ告白か!?と思われるようなことをいきなり言われちゃいます。
メッチャいい子だし、アルゴニアンじゃなかったら恋愛対象だったかもなー。


 さて、排他的なこの村に受け入れてもらうために、いくつか住人の悩み事を解決してあげなければなりません。

Oblivion_ss_434.jpg
手始めに、村の近くにたむろしてる盗賊集団をむしってきてから、

Oblivion_ss_435.jpg
Oblivion_ss_436.jpg
保護したアルゴニアンのストリートチルドレンに、指輪を盗まれちゃったというので、取り返しにレヤウィンまで。

Oblivion_ss_437.jpg
…で、なんでコイツはここにいるんだ?

Oblivion_ss_438.jpg
問題のストリートチルドレン発見。

Oblivion_ss_439.jpg
説得の末、指輪を返却してもらえることに。
もうやっちゃだめダゾッ☆


Oblivion_ss_440.jpg
 結構村に馴染んできたかなーってところで、Fair-Dreamerちゃんからのご依頼が。

Oblivion_ss_441.jpg
しょっちゅう不思議な夢を見るので、その夢に出てくるシンボルを辿って、何が見つかったか教えて欲しいとの事。

Oblivion_ss_442.jpg
Oblivion_ss_443.jpg
Oblivion_ss_444.jpg
メモを頼りに探索をして見つけたものは、

Oblivion_ss_445.jpg
ぱっと見はよくある洞窟の入り口でした。
C 「生首オブジェとかあるのを見る限り、ネクロマンサーの溜まり場か…?なんか、嫌な感じがするけど。」
とりあえず、Fair-Dreamerに報告。

Oblivion_ss_446.jpg
C 「えっ、えーと、フツーの洞窟だったぜ?でも、野盗とか住み着いてるかもしれねーし、あんまり近づかない方がいいんじゃねーか?」

Oblivion_ss_447.jpg
Oblivion_ss_448.jpg
Oblivion_ss_449.jpg
皆に洞窟のことを聞いてみたけど、はっきりしたことはわからないですね。

Oblivion_ss_450.jpg
またこの人は、よくわからない事を言う…。


Oblivion_ss_451.jpg
 Fair-Dreamerちゃんには、洞窟に近づかないよう釘を刺しておいたところで、Mrie-Thilさんからご依頼が。
故郷に残った旦那から手紙がきたとの事ですが、

Oblivion_ss_452.jpg
待ち合わせ場所が、冒険者がたまに立ち寄る程度の、棄てられた砦だってんで、護衛としてお供することに。

Oblivion_ss_453.jpg
案の定襲われたぜっ!

Oblivion_ss_454.jpg
無理矢理にでも連れ戻そうとは…。
Mrie-Thilさん、苦労してたんだろうなぁ。


 Fair-Dreamerちゃんが無茶してないか心配だし、さっさと村に帰ります。

Oblivion_ss_455.jpg
そしたらこの子ときたら、やっぱり例の洞窟に行ってたみたいで。

Oblivion_ss_456.jpg
妖しい声にビビって、大事な指輪落として逃げてきたって言うし。
んもー。
C 「俺が代わりに探してくるから、お前は家に帰ってろよ。」

ということで、例の洞窟に突入します。

Oblivion_ss_457.jpg
の前に、家の裏側で野宿してるらしい、インペリアルの学者さんと遭遇。
アルゴニアンの文化だかなんだかを研究してるとか。
ふーん。まぁ、多少は村に受け入れてもらえてるみたいだし、悪い奴ではないんでしょうな。

で、例の洞窟ですが、

Oblivion_ss_458.jpg
Oblivion_ss_459.jpg
ネクロマンサーやらゴブリンやらの死体が、彼方此方に転がっております。
しかも、尖った岩に突き刺さってたり、刃物だらけになってたり、死に方が尋常じゃありません。
敵が出てこない分、余計に不気味です。

Oblivion_ss_460.jpg
なんとか指輪を発見。
こんなところはさっさとトンズラです。

Oblivion_ss_461.jpg
C 「…ん?いつの間にゴーストが?」
攻撃はしてこず、道標の様に漂っているだけ。
なんとなく、ゴーストの居る方に進んでいって、辿り着いた扉を開くと、

Oblivion_ss_462.jpg
C 「…ここは、あの村か?なんでオブリビオン界みたいになってるんだ…?皆は、どこ行った?」
訳が分からないよ状態になりつつも、とりあえず、Mrie-ThilさんとFair-Dreamerちゃんの家に行ってみます。

Oblivion_ss_463.jpg
あ、Fair-Dreamerちゃんいた。
C 「なぁ、何があった?皆は…」

Oblivion_ss_464.jpg
Oblivion_ss_465.jpg


Oblivion_ss_466.jpg
 ハッ!あれ、ここは、洞窟の入り口?
C 「夢…。あれは、夢だったっていうのか…?」
半端なく嫌な予感がしてきたので、急いで村に戻ります。


 村に着いたと思ったら、
Oblivion_ss_467.jpg
レヤウィンの衛兵だらけになっとるんですが。
C 「ちょ、ちょっと、何があった!?」
一人だけ、雰囲気の違う衛兵さんがいたので、話を聞いてみます。

Oblivion_ss_468.jpg
Oblivion_ss_469.jpg
Captain Macduff氏は、Black-Tailが心を開いている、数少ない人間の一人のようです。

Oblivion_ss_470.jpg
東側の家?それって、まさか…


Oblivion_ss_471.jpg
C 「…Fair-Dreamer…」

Oblivion_ss_472.jpg
C 「ウソだろ…なんで…?」


 『Sins of the Dream』編、次回へ続く。
Secret

TrackBackURL
→http://mynameis000.blog19.fc2.com/tb.php/354-c8c88abc